金融に関する専門サイト

キャッシングの実態

IT系の金融機関だけでなく、テレビCMなどで知名度の高い消費者金融をはじめ、キャッシングサービスを行う会社はみなホームページを持っています。そのサイトに立ち寄るとよく理解出来ると思うのですが、まずはネット状で、自分の現状での利用限度額はいくらなのか、その金額を借りると、どんな返済方法があるのか、そして、その毎月の返済額はいくらになるのか…?などのシュミレーションを即座に知る事が出来るようになっています。インターネットの普及に伴って、ますます利便性が高くなり、気軽にお金を借りられる時代になっていると言えますね。

しかし、これだけ身近になっているキャッシングですが、現状での利用者の状況は一体どうなっているのでしょう?

まずはキャッシング利用者の男女比率に注目してみると、大体6:4ほどで男性の利用者の方が多いということが分かります。女性でも利用希望者はもっと多いと思いますが、多くの女性達は、金融機関の店舗に対して、男性客ばかり…なんとなく怖い感じ…などのマイナスのイメージを持っている事がこの比率の現状なのでしょう。今では各社こぞって女性専用サービスなどのプランを提案し、その甲斐もあって、女性客の利用者は増えてきているようです。

では利用者の世代別ではどうなのでしょうか?

もっとも多いのは20代だそうです。その後30代、40代と年齢層が上がっていきます。しかし、景気の動向や、雇用形態の崩壊など、国レベルの経済状況などの悪化によって、この統計の数値も若干変わってくるでしょう。

新規にキャッシング契約を結ぶ人の債務状況はさまざまです。いままで全くキャッシングをしたことが無い人、多重債務者と状況は人それぞれと言えるでしょう。新規申し込みの手続きをした人のうち3人に1人は、金融機関の審査に通らないというのが現状なようです。

 

メニュー


金融に関する専門サイト